工事

養生シート等の頼りになる建築現場アイテム~匠の専門用具

建築現場で活躍

工事

建築現場で大いに活躍してくれるアイテムはたくさん存在する。数千というアイテムを駆使して驚きの建造物を作る建築現場では、様々なアイテムを使い分けして適材適所で用いられている。例えば養生シートなども一種のアイテムといえるだろう。養生シートと聞くとブルーシート等をイメージする方も居るかもしれないが、建築現場で言う養生シートとはブルーシートとはちょっと意味合いが異なる。主に建築作業中の建造物を囲うように垂らすのが養生シートであるが、まず一番の目的としては建築現場からの飛散物の防止や、周囲に迷惑にならないようにするために用いられる。また直射日光から作業員を守るためにも用いられ、耐熱加工がされている事もある。建築作業中の火花を防止する目的もあったり、また建築を行なっている会社のロゴをプリントアウトして広告をして使用したりすることもある。素材自体は質素な色合いで、それこそブルーシートの用にソリッドカラーな場合も多いため、オリジナルデザインで発注する企業も多い。デザインを行う専門の制作業者も登場し、各建築業者で個性が見えてくる面白いものでもある。建築現場では非常に重要であり、養生シートを持っていない建築業者は存在しないだろう。
金網やベアリング、配管なども建築現場では多く用いられる事がある。特に配管などは水道を利用するためには必要不可欠であり、建築物が大きくなればなるほど全長も長くなり複雑な構造をすることになる。以前は補修工事の事も考えて複雑な配管巡りをすることは避けていた部分もあったが、最近ではライニング工法が一般的になったこともあり、複雑な配管をすることも出来るようになっている。電動工具などは実際に建築作業をする上で必要不可欠なアイテムといえるだろう。様々な種類があるが、電動ドライバやインパクトドライバーなどは腰にぶら下げておくほど頻繁に使用する。そのため手に馴染みやすく、また使い勝手の良いモデルを選ぶ必要も出てくる。作業員が使用する電動工具などは自前で揃える場合もあり、通販ショップなどを用いて揃える作業員も存在している。

補修の仕組み

工事

配管補修におけるライニングとは劣化した配管の中にもう一個配管を作ってしまうことで劣化を補修する工法のことである。配管を交換したのと同様の補修効果を得ることができ、最近ではライニングを専門の行う業者も存在している。

詳細を読む

規格を知る

工事

金網には企画があり、まず一番多く用いられる規格としてメッシュがある。メッシュは1インチあたりの網目の数を指し、網目が多くなってくるとその分だけメッシュに表記される数も多くなってくる。また開き目や線径などもある。

詳細を読む

型遅れは安い

工事

電動工具を安くお得に購入したいのであれば在庫処分のタイミングを見極めることが大切になってくるだろう。新モデルが登場する前後には早くも在庫処分されたり定価より安く販売されることが多い。

詳細を読む